秋田・男鹿市の歯科医院 - JR男鹿線船越駅のすぐとなり

歯周治療

歯周病はそれ自体を主訴として来院する患者さんは多くはありません。むしろ、病的症状を認識しないまま経過し、歯科医院を訪れた時点で末期的症状になっている方のほうが多いのです。

歯周病の治療は以下のように進められます。

応急処置

必要な場合に行います。歯肉が腫れている場合の切開、排膿、かみ合わせの調整、投薬などです。

プラークコントロール

磨き残しがどこにあるのか、適切なブラッシング法など詳しく説明し。衛生士がきめ細かな指導を行ないます。

プラークコントロールの確認

指導の結果、どの程度改善されたかチェックします。
プラークコントロールの重要性とその効果を十分に理解して頂きます。

発炎因子の除去

プラークコントロールでは除去できないバイオフィルム、歯石を、専用の器具で徹底的に除去していきます。これらは歯周ポケット内に非常に頑固に付着しており、数回にわけて処置を行ないます。

リスクファクターの改善

食習慣などの生活習慣や、改善可能な歯周病のリスクファクターがあれば、指導を行ないます。

検査

以上のような基本的な歯周病の治療が終われば、再び検査を行ないます。この検査はこれまでの治療の効果を知る上で重要となります。

安定したお口の環境を得るための治療

不適切な被せものや虫歯があるとプラークコントロールが効果的に行えません。かみ合わせに不調和があれば、プラークコントロールの効果も半減してしまいます。適切な時期を選んでこれらの問題点を改善するような処置を行ないます。

メンテナンス

せっかく取り戻した健康を維持していくためには毎日のブラッシングと定期的なプロフェッショナルクリーニングが不可欠です。私たちは、この2つがバランスをとってうまく機能したとき、歯周病のコントロールに成功すると考えています。

歯周治療の最も有効な対策は、「自覚症状がなくても定期的に歯科を受診すること」です。

左バナー

このページの先頭に戻る